1日30分でできる冷え性対策。健康・ダイエット・美容の大敵を簡単解決。

健康 商品

「せっかく温泉に入ったのに、帰りには足が冷えて、痛くなるほどつらい。」

女性の悩みで常に上位に入る「冷え性」。
夜寝る時には、足が寒くてなかなか寝付けなかったり、腰も痛いし、夏にエアコンを付けると肩こりがひどくなる。
これら全て冷え性が元になって出る症状です。

そもそも冷え性といっても、いくつかの種類に分かれることはご存知でしょうか?

冷え性は大きく分類すると、血管が細かったり、血行が悪いのが原因となる「末端冷え性タイプ」、体温調節の役割を担っている自律神経の乱れが原因となる「自律神経冷え性タイプ」、加齢による筋肉量の減少や臓器の衰えが原因となる「加齢冷え性タイプ」の3つに分かれます。

それぞれのタイプによって原因と対策が異なるため、自分の冷え性タイプを知ったうえで、必要な対策を実践していくことが解決への近道となります。



たかが冷え性、されど冷え性

「冷え性は体質の問題だから仕方ない。」と諦めている方が非常にたくさんいます。
しかし、年齢のせいだと思っていただるさや、停滞期と思っていたダイエット中の体重増加など、健康・ダイエット・美容において、さまざまなところで冷え性が引き金となっている場合があります。

  • 風邪をひきやすくなった。風邪をひいたら治りが遅い。
  • しっかり睡眠を取ったのに体がだるい。下痢、不眠、肩こり、頭痛。
  • 女性においては、生理不順や不妊。
  • 新陳代謝が悪くなるため、お肌の乾燥やくすみ、吹き出物、抜け毛が多くなる。
  • ダイエットしているにも関わらず、体重が減らない。足のむくみがひどい。

冷え性の症状は、単に手足が冷たくなるだけではありません。
手足が冷たくならなくても、実は、これらはすべて冷え性が原因の症状なんです。
そのため、心当たりのある方は、冷え性を改善することで、これらを解決できる可能性がありますので、ぜひ、冷え性対策をお試しください。



冷え性のタイプ別の原因と対策

体温には、主に筋肉、血液、自律神経の3つが重要な役割を果たしています。
筋肉を動かす際に生じるエネルギーが熱を作りだし、その熱によって血液が温まり、温かい血液によって全身に熱が届けられます。自律神経は、外気と体内の温度差を感知することで、体温を調節します。

末端冷え性タイプ

末端冷え性は、主に運動不足が原因で起こる冷え性です。
運動不足により代謝が低下し、血流が悪くなります。血流が悪くなってしまうと、末端まで温かい血液を届けることができなくなってしまいます。また、運動不足により筋肉量が落ちてしまうことで、熱を作り出す量が必然的に下がってしまいます。

そのため、過度な運動をしなくても、筋肉の中でも一番大きい大腿筋(太もも)を動かすことができるスクワットをすることで、効果的に代謝を高め血流を良くすることができます。さらには、熱量を増やすことにも繋がります。

自律神経冷え性タイプ

体温調節の役割を担う自律神経のバランスが崩れてしまうと、体が熱さ・寒さを感じる力が鈍ってしまい、体は常に冷えた状態のままになってしまいます。その主な原因はストレスです。

ストレスを簡単に解消することはできませんので、起床時間と就寝時間、食事の時間を毎日一定に保つことで、自律神経のバランスを整えましょう。

加齢冷え性タイプ

加齢によって、臓器の働きが衰えることで血流が悪くなり、筋肉量が減少していくことで、熱を作り出す量が下がってしまいます。

これは、運動不足による冷え性と同じ現象になります。
そのため、可能であれば毎日適度な回数のスクワットをおこなうことが好ましいのですが、難しいようであれば、同じく太ももを動かすことに繋がるウォーキングをお勧めします。

実は、加齢による頻尿は、これら血流の悪化と熱量の減少が原因でもあるため、冷え性を解消することで、頻尿まで解決することができます。



1日30分でできる簡単冷え性対策

長年冷え性でお悩みの方は「運動や規則正しい生活といったありきたりの対策ではなくて、もっと効果的で簡単な方法はないの?」と思われるかもしれません。

そのような方には、水素ガス吸入がお勧めです。

水素ガスを体に取り込むことによって、手足といった末端にまで張り巡らされた毛細血管まで水素ガスが行き渡り、それによって毛細血管が収縮します。
それを察知した心臓は毛細血管を広げるため、血流を増やします。
つまり、水素ガスを吸入することで、意図的に血流を増やすことができ、その効果は末端にまで及びます。

上の写真は、60代の女性の足先をサーモグラフィーカメラによって撮影したもので、左が水素ガスを吸入する前、右がルルドハイドロフィクスで30分間の水素ガスを吸入した後になります。

水素ガス吸入をする前の足先の温度が28.8℃だったのに対して、水素ガス吸入をした後は34.1℃と5.3℃も上昇したことが分かります。

失礼な言い方にはなりますが、60代の女性でも、このような高い効果を得られたということは、40代や50代であれば、もっと高い効果が期待できるかもしれません。

>>ルルドハイドロフィクス公式オンラインショップはこちらら

確かに、運動による血行の促進や筋肉量を増やすこと、規則正しい生活により自律神経のバランスを整えることは、冷え性の根本を解決する方法です。
そのため、冷え性そのものにお悩みの方や、体がだるい、肩こり、不妊といった冷え性が原因の症状でお悩みの方で、即効性を求める場合には、ぜひ、ルルドハイドロフィクスによる水素ガス吸入をお試しください。