水素水生成器のリーディング・カンパニー、エイチツーファクトリー株式会社のコーポレートサイトです。

0120-31-3334
受付時間 : 平日:10:00~18:00 土日祝:10:00~17:00

プラチナシリカPLATINUM SILICA

「体で作用するシリカの量、№1」の生シリカ配合健康食品。美容と健康に有効なシリカ、コラーゲン、難消化性デキストリンの3つの成分を高濃度に配合。

生シリカ配合健康食品
プラチナシリカ
「体で作用するシリカの量、№1」の生シリカ配合健康食品。

特許製法と独自の技術により、含有するシリカの100%が体で作用するシリカとなる『生シリカ』を開発しました。
食事では不足しがちな“必須ミネラルとしてのシリカ”と食物繊維を補え、シリカと相性の良いコラーゲンを同時に摂取することができる健康食品です。

なぜ、温泉地の女性は、お肌が綺麗なのか?

温泉宿の仲居さんや温泉地周辺に暮らす人たちは、どうして揃いも揃って、お肌が綺麗なのでしょう。

「毎日、温泉に入っているからに違いない」と誰しも思いますが、実際、仲居さんに聞くと「温泉にはほとんど入らない。」「私たちは、なかなか温泉に入れないのですよ。」という答えがほとんどです。
その答えを導き出すために、約3ヶ月間の聞き取り調査や現地調査を実施したところ、ある1つの共通点が浮かび上がりました。
それは「温泉水を飲んでいる」ことでした。

温泉水に含まれる成分は、各地でバラつきがあります。
そこで、水質検査会社の協力を得て、いくつかの温泉水の水質を調査したところ、多くの温泉でケイ酸が含まれていることが判明しました。

そのため、温泉地周辺に住んでいなくても、温泉水を飲用しなくても、『毎日手軽にケイ酸を摂取できる』ことをコンセプトとし、商品化したものがプラチナシリカです。

プラチナシリカについて

体で作用するシリカの量、№1

含有している二酸化ケイ素がケイ酸になる度合は圧倒的№1!

多くのシリカ商品が、人体の必須ミネラルとは異なるシリカであったり、二酸化ケイ素には『水に溶けないと便として排出されてしまう』という弱点があり、特許製法と独自の製法により、これらを克服したのが「プラチナシリカ」に含まれる『生シリカ』です。
「プラチナシリカ」は、含有するシリカ(二酸化ケイ素)の100%が体で作用するシリカ(ケイ酸)になるため、1包で必須ミネラルとしてのシリカ2日分を補え、美容と健康に絶大な効果をもたらします。

プラチナシリカに配合されている生シリカとは

「生シリカ」とは、もともと水に溶けにくい固体である二酸化ケイ素が、100%水に溶けて人体の必須ミネラルであるケイ酸になるシリカのことをいいます。
必須ミネラルとしてのシリカ(ケイ酸)は、水に溶ける二酸化ケイ素か、水に溶けたケイ酸の状態で摂取する必要があり、水に溶けない二酸化ケイ素は、いくら摂取しても、そのまま便として排出されてしまいます。
また、鉱物由来のアルカリ溶液によって溶けだしたシリカの多くは、ケイ酸ナトリウムの状態であり、必須ミネラルとしてのケイ酸とは異なります。
「プラチナシリカ」に含有している二酸化ケイ素は、全てがケイ酸に変わるため、人体に必須のミネラルである“ケイ酸としてのシリカ”を効率的に摂取できます。

シリカと相性の良い、コラーゲンと難消化性デキストリンを高濃度に配合

必須ミネラルとしてのシリカ(ケイ酸)は、コラーゲンやエラスチンを束ねる役割を担い、 コラーゲンと結びついたシリカは肌の隙間を接着剤のように埋め、コラーゲンの密度を高めます。
美容においては、コラーゲンそのものだけを摂取するより、コラーゲンの密度を高めたり、コラーゲンの合成を担うシリカとコラーゲンを同時に摂取することが主流になってきています。

難消化性デキストリンには、ミネラルの吸収を促進する働きがあり、必須ミネラルであるシリカの吸収を助けます。

このような方にお勧めです

穀物、野菜、魚介類など、毎日バランスの良い食事を摂れていない方。肌の乾燥やたるみ、かゆみが気になる方。健康診断で血糖値・中性脂肪を指摘された方。お腹まわりが気になる方。お通じが良くない方。部分的な老化(爪、毛髪、記憶力など)が気になる方。いつまでも見た目も身体の中も若々しくいたい方。年齢を重ねても健康でいたい方

安心・安全な食物由来の3つの成分

シリカ(もみ殻由来)

体内に含まれるシリカは、骨や毛髪、爪、コラーゲンの合成などを手助けしています。特に肌の弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチン、潤い成分であるヒアルロン酸を結びつけ肌を丈夫にしてくれる働きがあるため、健やかな肌には必要不可欠な成分といえます。
また、米英共同の大規模な疫学研究において、シリカはカルシウムよりも骨密度を高めることが分かっています。
ここ数年、アルツハイマーとの関連性が指摘されている体内でのアルミニウムの蓄積に関して、アルミニウム吸収を抑制し、排泄を促進する目的でケイ酸を摂取することが検討されています。

コラーゲンペプチド(魚由来)

動物性コラーゲンよりも吸収力に優れたフィッシュコラーゲンを使用し、さらに低分子化により、体内で吸収しやすくした高純度のコラーゲン。
近年、コラーゲンペプチドを摂取することで、肌のコラーゲンが増加するのではなく、肌の保水量が増加することが分かってきています。
プラチナシリカが使用しているコラーゲンペプチドは「肌の保水率改善」の成分特許を取得しています。

難消化性デキストリン(とうもろこし由来)

難消化性デキストリンは、とうもろこし由来の食物繊維で、米国FDA(食品医薬品局)では、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認められています。
また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっています。
体内では、糖や脂肪の吸収スピードを遅延させたり、整腸といった働きをします。

お召し上がり方

プラチナシリカは、1包に80mgの生シリカが含有。1包で必須ミネラルとしてのシリカ2日分を補えます。
水、お茶、ジュース等の飲料やお味噌汁等、溶けるものであれば、どのようなものとでも一緒にお召し上がりいただけます。

プラチナシリカに含まれる二酸化ケイ素(生シリカ)は、溶かすことで必須ミネラルとしてのシリカ(ケイ酸)に変わります。

プラチナシリカに含まれる二酸化ケイ素(生シリカ)は、溶かすことで必須ミネラルとしてのシリカ(ケイ酸)に変わるため、シェイカー等をご使用いただき、お好みの量の飲料等で、よく溶かしてからお召し上がりください。

シリカの1日の摂取量の目安は40mgとなります。

シリカの1日の摂取量の目安は40mgとなります。そのため、2日で1包をお召し上がりいただくか、シェイカー等で保存し、半量を毎日お召し上がりください。

あまり知られていないシリカの真実

そもそも「シリカ」とは

シリカとは、二酸化ケイ素、もしくは二酸化ケイ素によって構成される物質の総称をいい、二酸化ケイ素もケイ酸も、またはケイ酸ナトリウム、ケイ酸カルシウムといった物質もシリカといいます。
人体には約1.8gの微量のシリカが存在し、生体中の皮膚、髪、骨などに含まれる必須ミネラルではありますが、必須ミネラルとしてのシリカはケイ酸の状態であり、二酸化ケイ素はいくら摂取しても便で排出され、ケイ酸ナトリウムは薬品等に使用されています。

ノーベル化学賞受賞でドイツ出身のアドルフ・ブーテナンド教授は、「シリカは、今日も太古も昔も生命の維持に必要不可欠なものだ」と公式に発言しており、特にドイツでは、1家族に1つ必ずある栄養剤となっています。

結晶質と非晶質

シリカには、鉱物由来のものと、植物由来のものがあり、鉱物に含まれるシリカは結晶質、植物に含まれるシリカは非晶質となります。
結晶質のシリカには、国際がん研究機関により発がん性が認められているため、「鉱物由来のシリカには発がん性がある」という論調が見受けられますが、鉱物由来のシリカ(二酸化ケイ素)は、アルカリ溶液に浸けておくことで水に溶け、ケイ酸ナトリウムになります。結晶は水に溶けることで非晶質に変化するため、例え、鉱物由来のシリカであっても、水溶液として販売されている商品には発がん性物質は含まれません。
また、シリカには、結晶質と非晶質とは別に、結晶が非常に小さく、顕微鏡を用いても結晶が区別できないコロイド状の潜晶質もあります。
自然界の水中に含まれるシリカの多くが、コロイド状で存在しています。
潜晶質は、結晶質に分類されるとともに、あくまでも二酸化ケイ素であることから、ボトルウォーターに含まれているシリカの全てが、人体の必須ミネラルであるケイ酸とは言えません。

水溶性と不溶性

水溶性か不溶性かは、pHが中性の水に溶けるかどうかが基準となり、鉱物由来のシリカはアルカリ溶液にしか溶けないため不溶性で、植物由来のシリカは水溶性になります。
鉱物由来のシリカを使用した商品は、ほとんどの場合、水溶液や濃縮液として販売されていますが、アルカリ溶液で溶かしたに過ぎないため、水溶性とは言えません。

多孔質

「シリカは多孔質であるため、様々な物質を孔で吸着し運んでくれる」と言われています。
結晶構造(固形)をもつシリカや、二酸化ケイ素を化学反応により高分子化した所謂シリカゲルは多孔質による吸着性がありますが、水に溶けたシリカは当然のことながら多孔質ではなくなります。

食品としてのシリカ、食品添加物としてのシリカ

食品添加物としてのシリカは「微粒二酸化ケイ素」と呼ばれ、前述の二酸化ケイ素を高分子化したものになり、水には溶けず、体内では消化吸収されず、便として排出されます。
それに対して、プラチナシリカは、もみ殻そのものを使用しているため、食品添加物ではなく、食品に分類されます。

商品規格

商品名
プラチナシリカ(PLATINUM SILICA)
名称
水溶性植物ケイ素含有加工食品
内容量
4g/包(15包/箱)
メーカー希望小売価格
7,500円(税別)
製造発売元
エイチツーファクトリー株式会社
原産国・製造国
日本
原材料名
もみ殻シリカ粉末(難消化性デキストリン、もみ殻シリカ)、フィッシュコラーゲン/結晶セルロース、甘味料(スクラロース)(一部にゼラチンを含む)
栄養成分と主な成分(1包当たり)
エネルギー:14.1kcal
タンパク質:1.68g
脂質:0g
炭水化物:1.83g
食塩相当量:0.17g
二酸化ケイ素:80mg
難消化性デキストリン:1,920mg
コラーゲン:1,598mg
JANコード
4573403213118
ページの先頭へ