ストレス解消にアロマ水素ガス吸入やってみた。その効果は?

健康 商品

若くして白髪の悩みを抱えている人は少なくありません。
私もその一人で、白髪が出始めた20代は、白髪を見つけたら抜いてを繰り返していましたが、30代になると白髪の量も増え、それ以降は2週間に1回は毛染めに頼っています。

白髪は遺伝的要素も強いのですが、多分にストレスも影響します。
しかし、今までストレスがどのように白髪を引き起こすかは明らかになっていませんでしたが、このほど、ハーバード大学の研究チームによって、ようやくストレスによって白髪になるメカニズムが分かりました。

今までは、ストレスによって白髪になるのは免疫細胞が関係しているという説が有力でしたが、ハーバード大学の研究チームの実験結果によって「ノルアドレナリン」が深く関与していることが明らかになりました。
過度なストレスやプレッシャーを感じると、脳や体を『緊張・闘争状態』とするため、脳の神経伝達物質であるノルアドレナリンが分泌されます。これによって、交感神経が活性化されて、「考えなくても、素早く行動」できるようになります。パッとボールが飛んできた時に、瞬時に避ける行動に出るのは、この作用によって行われています。

通常は、過度なストレスやプレッシャーが解ければ、自然とノルアドレナリンの分泌量が減少していきますが、ストレスを感じ続けている状態では、常にノルアドレナリンが分泌された状態になってしまいます。
すると、ノルアドレナリンが毛根を包んでいる袋状の組織「毛包」に取り込まれ、毛包にある「色素幹細胞」が過剰活性されます。
色素幹細胞は、通常の活性では、一部がメラニン細胞に分化して、メラニン細胞がメラニンを作り出して、毛髪を根本から着色しますが、ノルアドレナリンの影響によって、色素幹細胞が過剰活性してしまうと、色素幹細胞の全部がメラニン細胞となってしまいます。色素幹細胞は無くなると新しく作られることはありません。そのため、色素幹細胞の全部がメラニン細胞となってしまうと、そのメラニン細胞が寿命を迎えると、二度と毛髪が着色されることが無くなってしまいます。

冒頭から難しい話になってしまいましたが、要するに、ストレスによって白髪になるメカニズムは、ストレスによってノルアドレナリンが分泌され、それが過剰に分泌されると色素幹細胞が過剰活性されてしまい、色素幹細胞が一気にメラニン細胞となり、二度と新しいメラニン細胞が作られることはなく、今あるメラニン細胞が寿命を迎えると白髪になる、ということです。

原因が分かれば、あとは対策するだけです。
しかし、「ストレスを減らす、無くす」というのは口で言うほど簡単なことではありません。そこで、毎日やっている水素ガス吸入にラベンダーの香りを付けてみることにしました。



ラベンダーの香りは、脳の救世主を増やしてくれる

ラベンダーの香りを選んだ理由は、酢酸リナリルという香気成分を多く含有しているからです。

酢酸リナリルは、セロトニンの分泌を誘発する香気成分として世界で注目されています。
ノルアドレナリンは、分泌されると分解酵素によって減少していきますが、分泌量そのものをコントロールすることができません。
そこで、セロトニンが、ノルアドレナリンを抑制してくれる唯一の神経伝達物質になります。
セロトニンを材料に脳内でメラトニンが作られます。メラトニンは、副交感神経を活性させ、血圧を低下させ、心拍数を減少させるとともに、体に夜がきたことを知らせるホルモンで、脳をリラックスさせたり、良質な睡眠をもたらしてくれるため、その材料となるセロトニンは別名「脳の救世主」とも呼ばれています。

現代社会において、ストレスを減らすことは絶対に不可能と言っても過言ではありません。
そのため、ストレスによって生じる体内の現象を抑制することが、私たちにできる唯一のストレス対処法になりますが、その効果がラベンダーにはあるということです。



「アロマ水素ガス吸入」の相乗効果

ストレスや不安を感じると、ノルアドレナリンが分泌されます。
ノルアドレナリンは、交感神経を活性させ、血圧の上昇や心拍数を増加させます。これにより、高血圧や心筋梗塞といった病気のリスクが高まり、ノルアドレナリンの過剰分泌は、白髪を増やすばかりか、パニック障害やうつ病をも引き起こす原因となります。
また、血圧の上昇・心拍数の増加に伴い、必然的に体内での酸素の消費量(エネルギーの産出量)が増えるため、活性酸素が増加し、酸化ストレスの状態が作り出されることになります。

そのため、水素ガス吸入にラベンダーのアロマ精油を滴下しておこなう「アロマ水素ガス吸入」は、ストレスによって分泌されてしまうノルアドレナリンを抑制する唯一の神経伝達物質であるセロトニンを誘発してくれる酢酸リナリルを吸入できると同時に、ストレスによって引き起こされる酸化ストレスを軽減できる水素ガスも吸えてしまうということで、ストレスに対する格好の“対症療法”であることが分かります。

今まで、水素ガス吸入をしてきて、目覚めが良くなることは実感していました。
そこで、今回、ルルドハイドロフィクスのピッチャーに注いだ水の中に、ラベンダー精油を5滴垂らし、アロマ水素ガス吸入をやったことで、ベッドに入ると突然襲ってくる動機もなくなり、寝つきもものすごく良くなったことを実感しました。
次の日の出勤する前の精神状態は、水素ガス吸入だけの時より数倍活き活きとしていることも感じます。

アロマを使った本来の目的である白髪に対する効果は、まだ現れていませんが、現時点でも、みなさまに強くお勧めできる結果と言えます。
ストレスによって精神状態や何か体に支障が出てしまっている方は、ぜひ、お試しください。

>>アロマ水素ガス吸入ができるルルドハイドロフィクス公式オンラインショップはこちら

ルルドハイドロフィクスは、水素ガスを生成するための電解槽と水素ガスを発生させるピッチャーが物理的に分離している分離生成方式を採用しています。
だから、アロマ精油を滴下できる唯一の水素ガス吸入器です!